• 本

理想はいつだって煌めいて、敗北はどこか懐かしい 100歳の台湾人革命家・史明自伝

出版社名 講談社
出版年月 2018年12月
ISBNコード 978-4-06-220872-7
4-06-220872-5
税込価格 1,650円
頁数・縦 207P 19cm

この商品を買った人は、こちらにも興味をもっています

商品内容

要旨

理想なくして生きる人生にどんな意味があるのか?この男、全身革命家。

目次

第1章 暁の風(アーマとアフイの輝ける日々
憂国のヒーロー・蒋渭水 ほか)
第2章 紅い潮(「スパイ・林明」の暗躍
親父はアヘンで人助け ほか)
第3章 刃の山(それでも「働いたら負け」
吹き荒れる密告と弾圧の嵐 ほか)
第4章 蘇る魂(祖国よ、40年ぶりの台湾よ
騒がしかろうが街宣カー ほか)

著者紹介

史 明 (シ メイ)  
本名:施朝暉。台湾独立運動家、教育家。1918年台湾台北生まれ。早稲田大学政治経済学部在学中、社会主義思想に目覚め、1942年の卒業と同時に中国へ。中国共産党の情報工作員としてスパイ活動に従事し、1946年以降、党幹部養成校の華北連合大学、華北軍政大学で学ぶ。〓小平の命で捕虜の台湾人兵による部隊「台湾隊」を組織。1949年、党の実態に絶望し脱走、台湾へ帰国。1950年に「台湾独立革命武装隊」を立ち上げ蒋介石暗殺を計画するが失敗し、1952年に日本へ亡命。以後40年間、東京池袋で中華料理店「新珍味」を営みながら「独立台湾会」を組織し、台湾独立のための地下工作を支援。1962年に台湾市民の視点で書かれた初の台湾通史『台湾人四百年史』を上梓。国民党政権のブラックリストに載る最後の台湾人となるが、民主化で1993年本帰国。以来、今日まで台湾全域で精力的に独立のための啓もう活動を行い、2001年「史明教育基金会」設立。過去の総統選では民主進歩党の陳水扁や蔡英文を応援し、2016年、総統府資政(総統上級顧問)に就任
田中 淳 (タナカ ジュン)  
編集者兼記者。1973年千葉県松戸市生まれ。編集プロダクション、出版社勤務を経て2005年に中国・北京大学へ留学。シンクタンクのマーケティングリサーチャーを経て経済系通信社の中国編集、台湾副編集長を担当(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)