• 本

大江健三郎賞8年の軌跡「文学の言葉」を恢復させる

出版社名 講談社
出版年月 2018年5月
ISBNコード 978-4-06-221081-2
4-06-221081-9
税込価格 1,944円
頁数・縦 332P 20cm

この商品を買った人は、こちらにも興味をもっています

商品内容

要旨

受賞作への選評と、文学と人生への示唆に満ちた8つの対話。

目次

「文学の言葉」を恢復させる(大江健三郎)
第1回受賞作(2007年)『夕子ちゃんの近道』長嶋有
第2回受賞作(2008年)『わたしたちに許された特別な時間の終わり』岡田利規
第3回受賞作(2009年)『光の曼陀羅 日本文学論』安藤礼二
第4回受賞作(2010年)『掏摸』中村文則
第5回受賞作(2011年)『俺俺』星野智幸
第6回受賞作(2012年)『かわいそうだね?』綿矢りさ
第7回受賞作(2013年)『嵐のピクニック』本谷有希子
第8回受賞作(2014年)『さようなら、オレンジ』岩城けい

おすすめコメント

日本文学の若き才能を世界へ発信すべく創設された大江健三郎賞の選評・対談他を収録。文学を愛する全ての人へ贈る熱いメッセージ!