• 本

河童の手のうち幕の内

講談社文庫 せ11−7

出版社名 講談社
出版年月 2006年2月
ISBNコード 978-4-06-275322-7
4-06-275322-7
税込価格 713円
頁数・縦 325P 15cm

商品内容

要旨

小説『少年H』の作者で舞台美術家、そして“覗きの達人”が創作の舞台裏を明かす。世界中どこに行っても宝物が見つかる旅にしてしまう秘訣。さらに河童が本名になるまでの闘い、ライター丸呑み事件などなど痛快エピソード満載のイラスト&エッセイ。読めば誰でも描ける(!?)河童流俯瞰図の秘伝まで大公開。

目次

1 河童の『旅』(本を訪ねて北の果て
神話の舞台『ザ・山陰』
旧山陽道を歩く
北国街道『海野宿』
“歴史体感”オランダ村 ほか)
2 河童はなぜ『河童』なのか(ぼくはやっぱり神戸っ子
藤原ダンナという人がいた
『河童』という名前の由来
雨漏り誘導装置
カミさんが嫁に来た日 ほか)
3 河童的雑学ノート
秘伝公開 河童流俯瞰図の描き方

著者紹介

妹尾 河童 (セノオ カッパ)  
1930年神戸市生まれ。グラフィック・デザイナーを経て、1954年、独学で舞台美術家としてデビュー。以来、演劇、オペラ、ミュージカルと幅広く活躍し、「紀伊國屋演劇賞」「サントリー音楽賞」など多数受賞する。エッセイストとしても知られ、著書も多い。また、小説『少年H』は大きな反響を呼び、毎日出版文化賞特別賞を受賞した(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)