• 本

百寺巡礼 第1巻

奈良 室生寺・長谷寺・薬師寺・唐招提寺・秋篠寺・法隆寺・中宮寺・飛鳥寺・当麻寺・東大寺

講談社文庫 い1−60

出版社名 講談社
出版年月 2008年9月
ISBNコード 978-4-06-276141-3
4-06-276141-6
税込価格 607円
頁数・縦 277P 15cm
シリーズ名 百寺巡礼

e-honサイト上の「税込価格」の表示変更について

日時 表示価格
2019年9月27日(金)午前9:59まで 旧税率8%の税込価格
2019年9月27日(金)午前10:00〜 新税率10%の税込価格

サイト上の表示に関わらず、お受取・支払いが10月1日以降となる場合は、新税率10%が適用されます。 詳しくは、e-honの消費税率改定に伴う詳しいご案内をご覧ください。

商品内容

要旨

古寺、名刹のある場所には、不思議なエネルギーがある。それを体で感じ、新しい命を悠久の歴史に思う。第一巻は古の都、奈良。小雪の舞う室生寺、聖徳太子の強く深い想いが込められた法隆寺、優しさをいまに伝える中宮寺の半跏思惟像、「苔の海」が輝く秋篠寺―。著者の「百寺巡礼」の旅が始まる。

目次

第一番 室生寺―女たちの思いを包みこむ寺
第二番 長谷寺―現世での幸せを祈る観音信仰
第三番 薬師寺―時をスイングする二つの塔
第四番 唐招提寺―鑑真の精神が未来へ受け継がれていく
第五番 秋篠寺―市井にひっそりとある宝石のような寺
第六番 法隆寺―聖徳太子への信仰の聖地
第七番 中宮寺―半跏思惟像に自己を許されるひととき
第八番 飛鳥寺―日本で最初の宗教戦争の舞台
第九番 當麻寺―浄土への思いがつのる不思議な寺
第十番 東大寺―日本が日本となるための大仏

おすすめコメント

五木寛之の百寺巡礼、待望の文庫化!私たちのこころのふるさとはどこにあるのか。それを探しに今日も旅に出る−−。著者自らが百の寺を巡ったエッセイ集、待望の文庫化。第一巻は、花咲く「奈良」。

出版社・メーカーコメント

五木寛之の百寺巡礼、待望の文庫化!私たちのこころのふるさとはどこにあるのか。それを探しに今日も旅に出る。著者自らが百の寺を巡ったエッセイ集、待望の文庫化。第一巻は、花咲く「奈良」。

著者紹介

五木 寛之 (イツキ ヒロユキ)  
1932年福岡県生まれ。朝鮮半島より引き揚げたのち、早稲田大学露文科に学ぶ。PR誌編集者、作詞家、ルポライターなどを経て、’66年『さらばモスクワ愚連隊』で小説現代新人賞、’67年『蒼ざめた馬を見よ』で直木賞、’76年『青春の門』(筑豊篇ほか)で吉川英治文学賞を受賞。’81年より一時休筆して京都の龍谷大学に学んだが、のち文壇に復帰。2002年にはそれまでの執筆活動に対して菊池寛賞を、’04年には仏教伝道文化賞を受賞する。小説のほか、『百寺巡礼』をはじめとする、音楽、美術、歴史、仏教など多岐にわたる活動が注目されている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)