• 本

ユルユルカ

講談社文庫 た95−11 薬屋探偵妖綺談

出版社名 講談社
出版年月 2009年1月
ISBNコード 978-4-06-276250-2
4-06-276250-1
税込価格 823円
頁数・縦 515P 15cm

e-honサイト上の「税込価格」の表示変更について

日時 表示価格
2019年9月27日(金)午前9:59まで 旧税率8%の税込価格
2019年9月27日(金)午前10:00〜 新税率10%の税込価格

サイト上の表示に関わらず、お受取・支払いが10月1日以降となる場合は、新税率10%が適用されます。 詳しくは、e-honの消費税率改定に伴う詳しいご案内をご覧ください。

商品内容

要旨

人と妖は一緒に暮らすことができるのだろうか。子供が交通事故で入院した夜、刑事に一本の電話があった。病院が血に塗られているという第一話―妖怪のお祭りがある。楽しみにしていたリザベルだったが、師匠・秋を責める妖に出会う第二話―人と妖の話が綾なし、一点へ向けて突き進む、シリーズ11作。

出版社・メーカーコメント

3人の妖怪探偵が活躍する大人気シリーズ。妖怪の探偵たちが事件を解決するシリーズ第11作。今回は人間の視点と妖怪の視点が混ざり合い、共鳴しさらなる深みへと読者を誘うポップで繊細な高里ワールド。

著者紹介

高里 椎奈 (タカサト シイナ)  
茨城県生まれ。芝浦工業大学機械工学科卒業。1999年『銀の檻を溶かして』で第11回メフィスト賞を受賞しデビュー(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)