• 本

赤い夢の迷宮

講談社文庫 は78−9

出版社名 講談社
出版年月 2010年5月
ISBNコード 978-4-06-276653-1
4-06-276653-1
税込価格 869円
頁数・縦 491P 15cm

この商品を買った人は、こちらにも興味をもっています

商品内容

要旨

二十五年前、ぼくらは小学生だった。殺人鬼が出没する噂もあった街で、ぼくら七人は「やっておもしろいこと」を見せてくれる不思議な男OGの館に通った。地下室であれを見せられるまでは。OGからの招待状を受け取り、再会したぼくらは大人になっていた。七人を待ち受ける本物の惨劇。悪夢は始まっている。

出版社・メーカーコメント

児童向けミステリの第一人者が挑む本格推理25年ぶりに再会したぼくら七人には共通の秘密、お化け屋敷に住むOGという謎の男の存在があった。再訪したぼくらには、語るに恐ろしい悪夢が待ち受けていた!

著者紹介

勇嶺 薫 (ハヤミネ カオル)  
1964年三重県生まれ。三重大学教育学部卒。無類の新本格ミステリ・マニア。学生時代より「勇嶺薫」名で小説を書きはじめ、『怪盗道化師』で第30回講談社児童文学新人賞に入選、「はやみねかおる」名でデビュー(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)