• 本

カンナ 〔5〕

戸隠の殺皆

講談社文庫 た88−29

出版社名 講談社
出版年月 2013年5月
ISBNコード 978-4-06-277544-1
4-06-277544-1
税込価格 679円
頁数・縦 289P 15cm
シリーズ名 カンナ

商品内容

要旨

忍者の末裔三人組、鴨志田甲斐(伊賀服部流)、中村貴湖(伊勢服部流)、柏木竜之介(甲賀)プラス忍者犬のほうろくは、奪われた秘密の社伝を追って、長野・戸隠へ。敵対する波多野村雲流に襲われながらも、甲斐は戸隠に伝わる「鬼女・紅葉」と「天岩戸」ふたつの伝説の、これまで語られることのなかった真相に迫る。シリーズ第5弾。

出版社・メーカーコメント

戸隠の由来となった「天岩戸(あまのいわと)伝説」。神話は、天照大神の何を伝え、何を隠しているのか? 伊賀・伊勢・甲賀vs.波多野村雲流。甲斐をめぐる、巫女・貴湖(たかこ)と許婚・聡美のバトルもヒートアップ! 真実の扉を開く、シリーズ第5弾! 忍者の末裔三人組、鴨志田甲斐(伊賀服部流)、中村貴湖(伊勢服部流)、柏木竜之介(甲賀)プラス忍者犬のほうろくは、奪われた秘密の社伝を追って、長野・戸隠へ。敵対する波多野村雲流に襲われながらも、甲斐は戸隠に伝わる「鬼女・紅葉」と「天岩戸」ふたつの伝説の、これまで語られることのなかった真相に迫る!

著者紹介

高田 崇史 (タカダ タカフミ)  
昭和33年東京都生まれ。明治薬科大学卒業。『QED 百人一首の呪』で、第9回メフィスト賞を受賞しデビュー(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)