• 本

早稲田ラグビー黄金時代2001−2009主将列伝

講談社+α文庫 G238−1

出版社名 講談社
出版年月 2012年11月
ISBNコード 978-4-06-281497-3
4-06-281497-8
税込価格 922円
頁数・縦 331P 16cm

商品内容

要旨

清宮・中竹両監督の時代。それは早大ラグビー部史上空前の栄光の時代である。なんと8年間で大学選手権優勝5回、準優勝3回。対抗戦も7年間無敗など、輝かしい成績が並ぶ。しかし、この快挙を成し遂げたのは監督だけの力ではない。各学年に素晴らしいキャプテンがいたからこその快挙だったのだ。山下大悟、佐々木隆道…彼らはいかに将の考えを噛み砕き、チームを強くしたのか。早稲田ファンだけでなく、勝ちたいあなたに読んで欲しい、常勝軍団の作り方。

目次

第1章 左京泰明の屈辱―負けを、勝ちへの「ネセサリーロス」に変える力
第2章 山下大悟の挑戦―チームを奮い立たせる言葉の力
第3章 大田尾竜彦の挫折―絶対的なトップの活かし方、活かされ方
第4章 諸岡省吾の抵抗―依存体質から自律するために意識すべきこと
第5章 佐々木隆道の伝説―リアルリーダーは仲間みんなの作品
第6章 東条雄介の憂鬱―トップが替わった時に、いかに順応すべきか
第7章 権丈太郎の破壊―個性をぶつけ合う、衝突の重要性
第8章 豊田将万の苦悩―「自分らしさ」の檻をいかにして取り払うか

おすすめコメント

清宮・中竹両監督就任時の早大ラグビー栄光の時代を歴代キャプテンの目線から鮮やかに描く。山下大悟、佐々木隆道……蘇る伝説!!

著者紹介

林 健太郎 (ハヤシ ケンタロウ)  
1975年、鹿児島県に生まれる。現・サンケイスポーツ運動部記者。早稲田大学人間科学部卒業後、1998年、産経新聞社に入社。在学中はラグビー部に在籍する。サンケイスポーツ配属後、一貫してスポーツを取材。ラグビー、五輪遊軍、サッカー(J1ジュビロ磐田)、野球(巨人、楽天)などの担当を経験している。2011年12月からはサッカー担当に復帰(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)