• 本

ブルーとオレンジ

講談社文学の扉

出版社名 講談社
出版年月 2014年7月
ISBNコード 978-4-06-283230-4
4-06-283230-5
税込価格 1,430円
頁数・縦 223P 20cm

商品内容

要旨

小五の“ブルー”はクラス内の上下関係を敏感に感じ取りながら日々のいじめに耐えていた。そんなある日、皆で観戦していたサッカーの試合中に監督が言った、「自分の武器はなにか、考えろ」という言葉が頭に残る。そして、自分の武器を発見した“ブルー”は見事カーストの下克上に成功するのだが…。一方、同じクラスの“オレンジ”は世渡り上手で、カーストの中間層として無難に毎日を過ごしていた。だが、ある女の子へのいじめをどうしても見過ごせず、やはり同じサッカーの監督の言葉を聞いていた“オレンジ”は自分にできることはなにか、真剣に考えるように…。現役教師が描く子ども目線の教室内カースト。「いじめを生む空気」に立ち向かい、戦う勇気を与えてくれる衝撃作。

出版社
商品紹介

「ぼくはピラミッドの下のあたりにいる人間なんだ。」現役教師が描く、痛いほどリアルな教室内カーストと、その解決への確かな希望。

著者紹介

福田 隆浩 (フクダ タカヒロ)  
1963年生まれ。兵庫教育大学大学院修了。長崎県の特別支援学校勤務。『熱風』で、第48回講談社児童文学新人賞佳作受賞。その他第60回青少年読書感想文全国コンクール課題図書に選ばれた『ふたり』(以上講談社)など(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)