• 本

アメリカの影

講談社文芸文庫 かP2

出版社名 講談社
出版年月 2009年9月
ISBNコード 978-4-06-290061-4
4-06-290061-0
税込価格 1,870円
頁数・縦 386P 16cm

商品内容

要旨

江藤淳の『成熟と喪失』および一連の占領研究を精細に追跡することで、彼の戦後言説空間への強烈な批判意識とその背後に隠されたアメリカへのナイーブな思いとの落差に、戦後社会の変容を読み解き、また、原爆投下を可能とした“無条件降伏”という思想それ自体を問うことで、日米関係の“原質”に迫る。文学者としての鋭い直観と斬新な視座から日本の戦後をとらえ直した、鮮烈なデビュー作。

目次

「アメリカ」の影―高度成長下の文学
崩壊と受苦―あるいはフロンティアの消滅
戦後再見―天皇・原爆・無条件降伏

おすすめコメント

高度成長下の日米関係から、原爆投下、無条件降伏、占領下の新憲法制定など、戦後日本の原点へと遡行し、その精神の構造を鮮やかに提示した、著者の第一評論集。

出版社・メーカーコメント

戦後日本とアメリカを根底から問う野心作。高度成長下の日米関係から、原爆投下、無条件降伏、占領下の新憲法制定など、戦後日本の原点へと遡行し、その精神の構造を鮮やかに提示した、著者の第一評論集。

著者紹介

加藤 典洋 (カトウ ノリヒロ)  
1948・4・1〜。芸術評論家。山形県生まれ。1972年、東京大学文学部卒。国立国会図書館勤務を経て、86年、明治学院大学助教授。90年、同教授。2005年、早稲田大学教授。85年、『アメリカの影』で文芸評論家としてデビュー。97年、『言語表現法講義』で新潮学芸賞受賞。98年、『敗戦後論』で伊藤整文学賞受賞。04年、『テクストから遠く離れて』『小説の未来』で桑原武夫学芸賞受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)