• 本

英国の青年 吉田健一未収録エッセイ

講談社文芸文庫 よD20

出版社名 講談社
出版年月 2014年5月
ISBNコード 978-4-06-290231-1
4-06-290231-1
税込価格 1,540円
頁数・縦 269P 16cm

商品内容

要旨

昭和12年から47年に発表された全34篇中19篇は、最初の著作『英国の文学』刊行以前の瑞々しい文章が光る。「現代文学における神の問題」は中期をなす充実の論考。名著『ヨオロッパの世紀末』前後の円熟期の「浪漫主義」「世紀末の文人たち」は最晩年への橋渡しとしても必読。その他、暁星中学の仏語教師「ストルツ先生の授業」や留学記「ケンブリッジの伝統の下に」等、魅力のエッセイ群。

目次

1(ストルツ先生の授業
ケンブリッジの伝統の下に―わが学生の頃
英国の青年
文化月報・海外文学・フランス
文化月報・海外文学・フランス文学 ほか)
2(イギリス通信
イギリス文学
英文学通信
イギリス文学通信
イギリス文学―世界文学案内 ほか)

著者紹介

吉田 健一 (ヨシダ ケンイチ)  
1912・3・27〜1977・8・3。批評家・作家。東京都生まれ。ケンブリッジ大学中退。外交官の父吉田茂(後の首相)の任地に従って中国、フランス、イギリスで育つ。1931年、大学を退学して帰国。ポーやヴァレリーの翻訳から文学活動を開始し、39年、中村光夫らと同人誌「批評」を創刊。戦後は翻訳、評論、随筆と一挙に幅広い活動を始め、言葉による表現の重要性を唱えた(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)