• 本

東北学/もうひとつの東北

講談社学術文庫 2268

出版社名 講談社
出版年月 2014年11月
ISBNコード 978-4-06-292268-5
4-06-292268-1
税込価格 1,056円
頁数・縦 284P 15cm

商品内容

要旨

ブナの森に抱かれ狩猟、採集、焼畑などの畑作を複合的に営む山の暮らしを、数年に及ぶ聞き書きに拠って掬い上げ、縄文以来、東北の地に堆積してきた稲作以前の種族=文化の重層的なありようを「腑分け」する。柳田国男の一国民俗学の可能性と限界を問い、その枠組みの北辺とされた東北を、南/北の方位に向けての多数性を孕む最前線と位置付ける。

目次

第1部 森と野はらと畑の世界(稲作以前とは何か
食の文化の深みへ
山野の民俗誌を織る
狩猟の原風景を求めて)
第2部 それぞれの帰郷の時代(野辺歩きの旅から
ほんたうの賢治を求めて
可能性としての民俗学へ
棄郷と帰郷のはざまに)
東北ルネッサンスのために

著者紹介

赤坂 憲雄 (アカサカ ノリオ)  
1953年、東京都生まれ。東京大学文学部卒業。学習院大学教授。福島県立博物館長。民俗学専攻(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)