• 本

小説金田一少年の事件簿 小説6

雷祭殺人事件

講談社漫画文庫 さ9−56

出版社名 講談社
出版年月 2013年2月
ISBNコード 978-4-06-370906-3
4-06-370906-X
税込価格 691円
頁数・縦 294P 15cm
シリーズ名 小説金田一少年の事件簿

e-honサイト上の「税込価格」の表示変更について

日時 表示価格
2019年9月27日(金)午前9:59まで 旧税率8%の税込価格
2019年9月27日(金)午前10:00〜 新税率10%の税込価格

サイト上の表示に関わらず、お受取・支払いが10月1日以降となる場合は、新税率10%が適用されます。 詳しくは、e-honの消費税率改定に伴う詳しいご案内をご覧ください。

この商品を買った人は、こちらにも興味をもっています

商品内容

要旨

高校の元クラスメートが住む片田舎の村を訪れた金田一一と美雪。その村・雲場村では毎年夏に「雷祭」という祭りが催されるという。夏空に雷雲が集まり出す頃、雷を神と崇めるその祭りが始まろうとしていた。そして轟く雷鳴が祭りの始まりを告げる中で、悲劇は起こった。屋敷の中で一たちが目撃したのは、おびただしい蝉の抜け殻に包まれた一体の死体。この空蝉は、雷に捧げられた呪わしき供物なのか―。そして陽炎の中から現れた、美しき少女のかかえた悲しき謎とは一体―!?表題作の他、短編「共犯者X」と「迷い込んできた悪魔」の2編を収録。

著者紹介

さとう ふみや (サトウ フミヤ)  
1991年、「カーリ!」で第46回週刊少年マガジン新人漫画賞入選。1992年より週刊少年マガジンにて「金田一少年の事件簿」を連載、大ヒットとなる。ミステリー漫画ブームを巻き起こした同作品で、第19回講談社漫画賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)