• 本

皇室の風 宮中取材余話

出版社名 講談社
出版年月 2018年7月
ISBNコード 978-4-06-512305-8
4-06-512305-4
税込価格 3,240円
頁数・縦 648P 19cm

商品内容

要旨

天皇制のいったいなにが変わり、なにが残されようとしているのか?雑誌『選択』で十年続く皇室ウォッチャーの名物連載を完全書籍化!

目次

はじめに―光の底のブラックホール
お濠の向こうは
「昭和」は遠く
終わらない「戦後」
「退位」をめぐる歴史意識
「平成流」皇室と東日本大震災
皇后・東宮・内親王
忘れえぬ人
神話は生きている
必ずあること
皇室とメディア
きたるべき新時代に向けて

おすすめコメント

戦後昭和の四十余年を思い、この三十年の変化に身を置いたとき、きたるべき時代・社会、そして皇室ははどうなるのかを問う渾身の一冊

著者紹介

岩井 克己 (イワイ カツミ)  
1947年、富山県生まれ。慶應義塾大学経済学部卒業。1971年、朝日新聞社入社。1986年から東京社会部皇室担当。1994年から2012年まで朝日新聞編集委員、同年5月退社。2005年、「紀宮さま、婚約内定」の特報で新聞協会賞受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)