• 本

アンネ・フランク 日記は語る

講談社火の鳥伝記文庫 16

出版社名 講談社
出版年月 2018年8月
ISBNコード 978-4-06-512707-0
4-06-512707-6
税込価格 814円
頁数・縦 253P 18cm

商品内容

要旨

アンネ・フランクは、1929年にドイツの裕福な家庭に生まれました。アンネの生後ほどなく、ドイツで独裁者となったヒトラーは、ユダヤ人の迫害をおしすすめました。そのため、アンネ一家は中立国のオランダへのがれます。しかし、第二次世界大戦が勃発すると、そのオランダもドイツに占領されてしまいます。オランダの首都アムステルダムの隠れ家で、身をひそめてくらしたアンネたち。一歩も外に出られなかった13歳からの約2年間の日々を、アンネは日記に書きつづけました。15歳で消えた命の火。最期までせいいっぱい生きた少女の記録です。小学上級から。

目次

1 アンネ・フランク、ドイツに生まれる
2 ドイツ脱出
3 隠れ家へ
4 少女から大人へ
5 つかのまの春
6 死地への移送
7 アンネがのこしたもの

おすすめコメント

アンネ・フランクは1929年にドイツに生まれたユダヤ人の少女です。ユダヤ人迫害のために途絶えた15年の生涯を紹介します。

著者紹介

岡田 好惠 (オカダ ヨシエ)  
青山学院大学仏文科卒。著書多数
佐竹 美保 (サタケ ミホ)  
画家。SF、ファンタジーを中心に幅広く活躍(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)