• 本

あした、また学校で

講談社文学の扉

出版社名 講談社
出版年月 2019年10月
ISBNコード 978-4-06-517238-4
4-06-517238-1
税込価格 1,540円
頁数・縦 188P 20cm

商品内容

要旨

月曜日の朝、小6の一将に声をかけたのは、幼なじみの咲良でした。「一将の弟、先生に怒られて泣いてたよ」運動が苦手な弟の将人は、「できない子は朝練に来て」と先生に言われたのに大縄跳びの練習に行かず、怒られたのです。でも、将人にとって、苦手な運動の中でも大縄跳びは「できる」に入ります。将人は怒られなくてはならなかったのでしょうか?

おすすめコメント

先生や親の意見はいつも正しい? 先生は親を怒らせたくないだけ? 学校の決まりを変えるなんて無理? 学校は、だれのものなの?

著者紹介

工藤 純子 (クドウ ジュンコ)  
東京都生まれ。2017年、『セカイの空がみえるまち』(講談社)で第3回児童ペン賞少年説賞を受賞。日本児童文学者協会会員。全国児童文学同人誌連絡会「季節風」同人(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)