• 本

宮沢賢治あるサラリーマンの生と死

集英社新書 0461

出版社名 集英社
出版年月 2008年9月
ISBNコード 978-4-08-720461-2
4-08-720461-8
税込価格 734円
頁数・縦 174P 18cm

商品内容

要旨

時代は移り変わっても、宮澤賢治の残した詩や散文の数々は日本のロマンの、ひとつの到達点を教えてくれる。農学校教師、農民芸術運動家としての賢治はよく知られるが、肥料の炭酸石灰、建築用壁材料のセールスマンとして、東へ西へと駆け回っていた最晩年近くの姿はあまり知られていない。賢治が生涯にのこした膨大な書簡から、オロオロと歩きながらも、生活者として必死に生きようとしたサラリーマン・賢治が、浮かび上がってくる。

目次

第1章 石っこ賢さん(賢治の先祖は大工
石っこ賢さん
盛岡高等農林学校 ほか)
第2章 東北砕石工場(農学校教師となる
音楽に親しむ
農民願望 ほか)
第3章 技師兼セールスマンとして(挫折の傷跡
東蔵の宮澤家訪問
炭酸石灰の広告を作成 ほか)

出版社・メーカーコメント

雨ニモ負ケズ、賢治はセールスに明け暮れた37歳で生涯を閉じる宮澤賢治は、その最晩年の仕事として肥料や建築用壁材料のセールスマンをしていた。地元・岩手を駆けまわり、東京へも出張を繰り返す姿を追い、生活者としての苦闘を描き出す。

著者紹介

佐藤 竜一 (サトウ リュウイチ)  
1958年、岩手県生まれ。法政大学法学部卒。編集者、ライター。岩手県の郷土出版物の編集のかたわら、日本、中国の近現代史、宮澤賢治についての執筆活動をつづける(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)