• 本

日本の「世界商品」力

集英社新書 0497

出版社名 集英社
出版年月 2009年6月
ISBNコード 978-4-08-720497-1
4-08-720497-9
税込価格 778円
頁数・縦 235P 18cm

商品内容

要旨

世界的不況の中、自動車や家電など往年の基幹産業は力を失った。ならば、これからの日本はどんな産業を創出すればいいのか?本書は、二〇〇〇年代初頭からの“クール・ジャパン”現象に着目。近年、アニメなどのコンテンツ系だけでなく、日本の伝統、文化、匠の技術を反映した様々な事象が国際的に評価されているが、それらを「各国の中流層をターゲットにした世界商品」に押し上げることによって、日本は新たな「再成長のエンジン」を獲得できる、と力強く提言する。

目次

第1章 活気づくクール・ジャパン
第2章 世界に誇る日本の美―ファッション大国への可能性
第3章 世界を席捲する日本のコンテンツ―アニメ、マンガ、ゲーム、映画、文学
第4章 トップに躍り出た和食文化と農業産品
第5章 世界が注目する日本の伝統と技術
第6章 クール・ジャパンと「世界商品」戦略
終章 再成長のエンジンで五%成長は可能だ

出版社・メーカーコメント

日本経済を元気にする世界商品の数々!自動車、家電など従来の基幹産業は力を失った。21世紀の日本を支える産業は何なのか? その問いを解く鍵は、ゼロ年代初頭からのクール・ジャパン現象にある。この国の未来を示唆する提言。

著者紹介

嶌 信彦 (シマ ノブヒコ)  
1942年生まれ。慶應義塾大学経済学部卒業後、毎日新聞入社。経済部、ワシントン特派員などを経てフリージャーナリストに。NPO日本ウズベキスタン協会会長(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)