• 本

書物の達人丸谷才一

集英社新書 0741

出版社名 集英社
出版年月 2014年6月
ISBNコード 978-4-08-720741-5
4-08-720741-2
税込価格 756円
頁数・縦 185P 18cm

商品内容

要旨

小説、随筆、書評、翻訳、連句など幅広い領域で活躍し、まさに文学における「達人」であった丸谷才一。その文学世界を解読して大好評を博した連続講演(世田谷文学館 二〇一三年)を書籍化。各界の第一人者であり、かつ生前の丸谷と親交が深かった豪華講師陣が、丸谷文学の全貌を多角的に明らかにする。文芸評論、書評、和歌、フランス文学、歌舞伎…視点の異なる各論考が“丸谷才一”で一本につながり、大文学者の多彩な魅力が改めて浮かび上がる。生前の丸谷との貴重なエピソードも収録。

目次

第1章 昭和史における丸谷才一(川本三郎)
第2章 書評の意味―本の共同体を求めて(湯川豊)
第3章 快談・俳諧・墓誌(岡野弘彦)
第4章 官能的なものへの寛容な知識人(鹿島茂)
第5章 『忠臣蔵とは何か』について(関容子)

出版社・メーカーコメント

小説、随筆、評論、翻訳、連句など幅広い領域で活躍し、文学における「達人」であった丸谷才一の業績を、各界の第一人者であり、かつ生前の丸谷と親交が深かった豪華講師陣が、多角的に解読する一冊。

著者紹介

菅野 昭正 (カンノ アキマサ)  
フランス文学者。世田谷文学館館長。1930年神奈川県生まれ
川本 三郎 (カワモト サブロウ)  
評論家。1944年東京都生まれ
湯川 豊 (ユカワ ユタカ)  
文芸評論家。元文藝春秋編集者。1938年新潟県生まれ
岡野 弘彦 (オカノ ヒロヒコ)  
歌人。國學院大學名誉教授。1924年三重県生まれ
鹿島 茂 (カシマ シゲル)  
フランス文学者。明治大学教授。1949年神奈川県生まれ
関 容子 (セキ ヨウコ)  
エッセイスト。東京都生まれ(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)