• 本

百歳の力

集英社新書 0743

出版社名 集英社
出版年月 2014年6月
ISBNコード 978-4-08-720743-9
4-08-720743-9
税込価格 756円
頁数・縦 185P 18cm

商品内容

要旨

百歳を過ぎた今も現役で活動を続ける美術家・篠田桃紅。墨や金箔などで構成する大胆な抽象画は、海外からも高い評価を得る。女学校を卒業したら、その多くがお見合い結婚する時代に、「くじびきみたいな結婚なんて、とんでもない」と独身を貫き、戦後、まだ海外へ行く人がほとんどいない時期に、単身ニューヨークへ渡って個展を開くなど、その行動は前例のないことばかり。「常識の世界に生きなかったから長生きできた」、「人生というものをトシで決めたことはない」と断言する著者が、年齢に関係なく、いつまでも第一線で活躍するための秘訣を語る。

目次

第1話 常識の世界に生きなかったから、長生きできた
第2話 苦労なんかしてないわね。したいこと、してるだけ
第3話 人間としてやることはもう全部やっちゃったみたい
第4話 人生というものをトシで決めたことはない
第5話 “美”とは、相反する両極を持つこと。そこに一切がある
第6話 人生の予測は立てられない。すべてなりゆきまかせ

おすすめコメント

103歳の今も世界的に活躍する前衛美術家・篠田桃紅の人生哲学が分かる唯一の自伝! 大正3年、旧満州に生まれ、戦前の豊かな生活から一転、戦中に生死をさまよう大病を患い、奇跡的に生還。 戦後、海外へ行く人がほとんどいない時代に、単身渡米し、ニューヨークの美術界で絶賛を受ける――。 激動の人生を駆け抜ける著者が初めて語った103年の歩み。一人でも毎日を存分に楽しむための極意とは? 【目次】 第1話 常識の世界に生きなかったから、長生きできた  ・自らに由って生きるのが本当の「自由」  ・人生気楽に、無責任くらいがちょうどいい 第2話 苦労なんかしてないわね。したいこと、してるだけ  ・結婚はくじびき。だから私は一人で生きる  ・人とうまく強調できなくてもいい 第3話 人間としてできることはもう全部やっちゃったみたい  ・人生何がよかったかなんて分からない  ・学校はお手本通りにできる人を褒める。でもそれは複製=偽物をつくっているだけ 第4話 人生というものをトシで決めたことはない  ・基準や規格に従わない  ・試練に堪えてこそ、腕が磨かれる 第5話 “美”とは、相反する両極を持つこと。そこに一切がある  ・思い通りにならないから、面白い  ・火と水のように相反する両極を持つ 第6話 人生の予測は立てられない。すべてなりゆきまかせ  ・どんどん変わっていく価値観に従う必要はない  ・自分の世界を広げないのは、人としてもったいない 【著者プロフィール】 篠田桃紅(シノダ トウコウ) 美術家。1913年3月28日、旧満州・大連生まれ。五歳の頃から父に書の手ほどきを受け、桃紅という雅号が付けられた。 墨を用いた抽象表現という新たな芸術を切り拓き注目を集め、作品は国内だけでなく海外の美術館にも多数、所蔵されている。

出版社・メーカーコメント

100歳を過ぎた今も世界的に活動する美術家・篠田桃紅。長生きするにはどうすればいいか、いつまでも“現役”かつ“第一線”で活躍し続けるには何が必要か?など、示唆に富むアドバイスが満載!

著者紹介

篠田 桃紅 (シノダ トウコウ)  
美術家。1913年3月28日、旧満州・大連生まれ。五歳の頃から父に書の手ほどきを受け、桃紅という雅号が付けられた。墨を用いた抽象表現という新たな芸術を切り拓き注目を集め、1956年、単身ニューヨークへ渡り、個展を開いて絶賛を受ける。作品は国内だけでなく海外の美術館にも多数、所蔵されている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)