• 本

新・日米安保論

集英社新書 0884

出版社名 集英社
出版年月 2017年5月
ISBNコード 978-4-08-720884-9
4-08-720884-2
税込価格 821円
頁数・縦 254P 18cm

商品内容

要旨

冷戦終結後四半世紀。以来、国際情勢の変化にもかかわらず日米の安全保障体制は維持されてきた。しかし「今後も守って欲しければさらなる負担を」と訴えるトランプ政権の登場で、日本はアメリカとの安全保障体制の在り方そのものを問われている。果たして日米地位協定に象徴される従属的なアメリカとの同盟関係を今後も重視する必要はあるのか?尖閣問題、対テロ戦争、北朝鮮の動向など、激変する情勢下、日本の安全保障を、歴代内閣のご意見番であった元防衛官僚、武装解除のエキスパート、安全保障の専門家が徹底的に語り合う。避けては通れない国防の根本的な問題がここにある。

目次

はじめに 護憲派も改憲派も、戦争を他人事と捉えているという問題
第1章 トランプ大統領をどう捉えるか
第2章 尖閣問題で考える日米中関係
第3章 対テロ戦争と日本
第4章 北朝鮮への対応と核抑止力の行方
第5章 日米地位協定の歪みを正すことの意味
第6章 守るべき日本の国家像とは何か
結びにかえて―同盟というジレンマ
資料(提言) 南スーダン自衛隊派遣を検証し、国際貢献の新しい選択肢を検討すべきだ

出版社・メーカーコメント

アメリカとの従属的関係にしがみつく必要はあるのか? 激変する情勢の下両国の安全保障を、歴代内閣のご意見番であった元防衛官僚、武装解除のエキスパート、安全保障の専門家が徹底的に語り合う。

著者紹介

柳澤 協二 (ヤナギサワ キョウジ)  
1946年生。元内閣官房副長官補・防衛庁運用局長。国際地政学研究所理事長。「自衛隊を活かす会」代表。東京大学法学部卒業。歴代内閣の安全保障・危機管理関係の実務を担当
伊勢〓 賢治 (イセザキ ケンジ)  
1957年生。東京外国語大学大学院総合国際学研究院教授。早稲田大学大学院理工学研究科修士課程修了。国連PKO幹部として東ティモール暫定行政府の県知事を務めシエラレオネ、アフガニスタンで武装解除を指揮。ジャズ・ミュージシャンとしても活動
加藤 朗 (カトウ アキラ)  
1951年生。防衛庁防衛研究所を経、桜美林大学リベラルアーツ学群教授及び国際学研究所所長。「自衛隊を活かす会」呼びかけ人。専門は国際政治学、安全保障論。早稲田大学政治経済学部卒業(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)