• 本

昭和文学全集 7

梶井基次郎 牧野信一 中島敦 嘉村礒多 内田百間 中勘助 広津和郎 滝井孝作 網野菊 丸岡明 森茉莉

出版社名 小学館
出版年月 1989年5月
ISBNコード 978-4-09-568007-1
4-09-568007-5
税込価格 4,806円
頁数・縦 1198P 23cm
シリーズ名 昭和文学全集

商品内容

要旨

個性ある文体の結晶。独自の境涯をふまえた珠玉の短編。

目次

梶井基次郎(檸檬
城のある町にて
泥濘
路上
椽の花―或る私信
過古
雪後
ある心の風景
Kの昇天―或はKの溺死
冬の日
蒼穹
筧の話
器楽的幻覚
冬の蝿
ある崖上の感情
桜の樹の下には
愛撫
闇の絵巻
交尾
のんきな患者)
牧野信一(村のストア派
吊篭と月光と
ゼーロン
酒盗人
泉岳寺附近
心象風景
天狗洞食客記
夜見の巻「吾が昆虫採集記」の一節
鬼涙村
裸虫抄
淡雪)
中島敦(木乃伊
山月記
文字禍
光と風と夢
名人伝
弟子
李陵)
嘉村礒多(業苦
崖の下
父となる日
生別離
孤独
足相撲
曇り日
牡丹雪
不幸な夫婦
途上
神前結婚)
内田百諱(旅順入城式 より
債鬼
梟林記
掻痒記
竹杖記
長春香
明暗交友録
棗の木
青炎抄
サラサーテの盤
無伴奏
特別阿房列車
日没閉門)
中勘助(菩提樹の蔭
鳥の物語 より 雁の話 鶴の話
母の死
妹の死)
広津和郎(ひさとその女友達
あの時代―芥川と宇野)
滝井孝作(結婚まで
慾呆け
山女魚
積雪
父祖の形見
伐り禿山
山の姿
野趣
俳人仲間 第3篇 初めての女)
網野菊(母
金の棺

さくらの花
一期一会)
丸岡明(生きものの記録
静かな影絵)
森茉莉(恋人たちの森
枯葉の寝床
贅沢貧乏
薔薇くい姫)