• 本

廃墟に乞う

出版社名 文藝春秋
出版年月 2009年7月
ISBNコード 978-4-16-328330-2
4-16-328330-7
税込価格 1,760円
頁数・縦 318P 20cm

書店レビュー 総合おすすめ度: 全1件

  • 廃墟に乞う

    実力派作家の佐々木譲が、獲るべくしてとった直木賞受賞の作品がこれだ。北の大地を舞台に、休職中のベテラン警官が難事件を解決する。ただしこれは単なる謎解きストーリーではない。事件の奥底に幾重にも絡み合った人の憎悪や男女のもつれあいをひもといていく。派手なアクションシーンに走りがちな警察小説とは、ひと味もふた味も違った仕上がりで、いぶし銀のハードボイルドといった感触である。そのままに2時間もののTVドラマに仕上がりそうな導入と、ドンデン返しが読みどころである。

    (2010年3月24日)

商品内容

文学賞情報

2009年 第142回 直木賞受賞

要旨

13年前に札幌で起きた娼婦殺害事件と、同じ手口で風俗嬢が殺された。心の痛手を癒すため休職中の仙道は、犯人の故郷である北海道の旧炭鉱町へ向かう。犯人と捜査員、二人の傷ついた心が響きあう、そのとき…。感激、感動の連作小説集。

出版社
商品紹介

道警の敏腕刑事だった仙道孝司は、ある事件をきっかけに療養中の身。やっと回復してきた仙道に、次々とやっかいな相談事が…。

おすすめコメント

主人公は、北海道警察捜査一課捜査員・仙道孝司。「ある事件」をきっかけに自宅療養をしている仙道は、休職中という自由な立場を生かして、持ち込まれた事件の捜査をします。警察手帳も持たず、拳銃も持てない仙道がどのような捜査をするのか?ニセコ、夕張などを舞台に、北海道が抱える社会的問題を鋭く描く第一級のエンターテインメントです。

著者紹介

佐々木 譲 (ササキ ジョウ)  
1950年北海道生まれ。自動車メーカー勤務を経て、79年「鉄騎兵、跳んだ」でオール讀物新人賞を受賞。90年『エトロフ発緊急電』で日本推理作家協会賞、山本周五郎賞、日本冒険小説協会大賞を受賞する。2002年『武揚伝』で新田次郎文学賞受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)