• 本

美味しい暮らし季節の手仕事 春夏秋冬日々を楽しむレシピ帖

出版社名 池田書店
出版年月 2016年11月
ISBNコード 978-4-262-13027-9
4-262-13027-4
税込価格 1,836円
頁数・縦 159P 26cm

この商品を買った人は、こちらにも興味をもっています

商品内容

要旨

美味しい時を逃がさずに。下ごしらえから保存まで、心をこめて、ていねいに。

目次

春の手仕事(竹の子ご飯
竹の子と桜海老の煎り煮 ほか)
夏の手仕事(梅干し
梅干しのおむすび ほか)
秋の手仕事(栗のむき方
栗の渋皮煮 ほか)
冬の手仕事(白菜漬け
柚子大根 ほか)

著者紹介

柳原 一成 (ヤナギハラ カズナリ)  
近茶流宗家。柳原料理教室主宰。東京農業大学客員教授、儀礼文化学会常務理事、しょうゆ情報センター理事。1942年、先代宗家・柳原敏雄の長男として東京に生まれる。東京農業大学農学部卒業。東京・赤坂の柳原料理教室にて日本料理の指導にあたる一方、自ら野菜を育て、魚を釣り、日本全国の食材を訪ねてまわるなど、食材そのものへの研究にも力を注いでいる
柳原 尚之 (ヤナギハラ ナオユキ)  
近茶流嗣家。柳原料理教室副主宰。東京農業大学農学部醸造学科卒業。発酵食品学を学ぶ。卒業後、小豆島のしょうゆ会社の研究員として勤務。その後、オランダ船籍の帆船のキッチンクルーを経て、現在は父・柳原一成とともに日本料理、茶懐石の研究指導にあたる。文化庁文化交流使にも任命され、日本料理を海外に広める活動も行い、海外での料理講習会などでの指導経験も多数。そのほか、ドラマや時代劇の料理所作指導、料理時代考証も数々手がける(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)