• 本

詳しくわかる脳梗塞の治療と安心生活

最新医学図解

出版社名 主婦と生活社
出版年月 2018年7月
ISBNコード 978-4-391-15155-8
4-391-15155-3
税込価格 1,512円
頁数・縦 159P 21cm

商品内容

要旨

前ぶれ症状TIAにいち早く気づく!最新の救急治療と薬物療法!日常生活に復帰するリハビリテーション図解。再発を防ぐ五大リスク病治療。

目次

第1章 脳梗塞とはどんな病気?(脳卒中の約7割は、脳の血管が詰まる「脳梗塞」
脳梗塞には3タイプある ほか)
第2章 脳梗塞で倒れたときの治療法(脳梗塞の治療の流れを理解する
救急処置の後、画像から脳梗塞かどうかを判断する ほか)
第3章 脳梗塞のリハビリテーション(リハビリテーションは3つの時期に分けられる
回復期のリハビリテーションには転院が必要 ほか)
第4章 再発を防ぐ毎日の過ごし方(慢性期の再発予防には、抗血栓療法を続ける
脳梗塞の5大リスク別 服薬中の生活のポイント ほか)

おすすめコメント

発作時の対応、治療の選択法、マヒから回復するリハビリ術、再発予防対策など、必要な脳梗塞の知識を網羅

著者紹介

高木 誠 (タカギ マコト)  
東京都済生会中央病院院長。1954年、東京生まれ。1979年、慶應義塾大学医学部卒業、1987年にニューヨークのMontefiore Medical Center神経病理部門留学。1993年、東京都済生会中央病院内科医長、2002年に同病院副院長を経て、2006年より現職。専門は神経内科、特に脳卒中。一般市民向けの講演やテレビ番組出演などを通じて、急性期治療の重要性について啓発している
四津 良平 (ヨズ リョウヘイ)  
原宿リハビリテーション病院院長。1948年、富山県生まれ。1973年、慶應義塾大学医学部卒業。1981年にニューヨーク州立大学胸部外科留学、オハイオ州クリーブランド・クリニック人工臓器部・人工心臓主任研究員、1984年、オハイオ州アクロン大学医用生体工学部兼任助教授。1991年に慶應義塾派遣留学(ベイラー大学臓器移植科)。1993年、慶應義塾大学医学部専任講師、2002年に同大学医学部外科教授、2014年より同慶應義塾名誉教授。一般社団法人巨樹の会松戸リハビリステーション病院院長補佐を経て、2015年より現職。外科専門医、心臓血管外科専門医、循環器専門医(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)