• 本

松下電器の「破壊と創造」 超・製造業への挑戦

出版社名 実業之日本社
出版年月 2002年8月
ISBNコード 978-4-408-10495-9
4-408-10495-7
税込価格 1,760円
頁数・縦 313P 20cm

商品内容

目次

プロローグ 松下は変われるか―「破壊」からの再出発
第1章 未来を創造する―『創生21計画』始動
第2章 日に新たに進む―成長へのグランドデザイン
第3章 時、来れり―グループ経営の大改革
第4章 ジョコンダの微笑―スマイルカーブ構造への転換
第5章 商売は真剣勝負―競争戦略の新基軸
第6章 主戦場で勝つ―グローバル成長の構図
第7章 北風とマント―中国軸の世界戦略
特別インタビュー 牧野昇三菱総合研究所特別顧問に聞く「松下再生と製造業復活の条件」
エピローグ 松下は蘇るか―「Vロード」への回帰

出版社
商品紹介

大胆な改革を進める松下電器。日本の製造業の代表として、どんな21世紀戦略を描いているのか。国内外の取材から、その姿に迫る。

おすすめコメント

未来を創造する「創生21計画」始動!成長へのグランドデザイン、グループ経営大改革、中国軸の世界戦略・・・。牧野昇氏に聞いた松下の「破壊」から日本企業の未来が見える。

著者紹介

篠崎 晃 (シノザキ アキラ)  
1947年、栃木県に生まれる。早稲田大学政治経済学部経済学科卒。日刊工業新聞社で新聞記者、技術雑誌記者・同編集長などを経て独立。独立後は経済ジャーナリスト(フリーランス)として、主に海外取材に飛び回り、経営・ビジネス誌などに国際経営、環境経営、先端産業技術動向、ベンチャー経営、コンベンション動向などのレポート記事を執筆。現在、韓国テレビ放送会社YTN(韓国版CNNの24時間ニュース専門チャンネル)東京支局編集委員、ドイツ産業見本市日本代表部アドバイザーを務める(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)