• 本

LINEを生んだNAVERの企業哲学 韓国最強企業の成功方程式

出版社名 実業之日本社
出版年月 2013年6月
ISBNコード 978-4-408-10998-5
4-408-10998-3
税込価格 1,540円
頁数・縦 183P 19cm

内容詳細

要旨(情報工場提供)

若年層を中心に爆発的な人気を獲得し、2013年7月21日時点で全世界の利用者数が2億人を突破した「LINE」。韓国最大のIT企業といわれる NHNの日本法人「LINE株式会社(旧 NHNジャパン、ネイバージャパン)」が運営する、モバイルとインターネット上の、インスタントメッセンジャー/無料通話によるコミュニケーションサービスだ。本書はLINEを開発し大人気となるまでの NHNの戦略とその実行過程を追い、成功の要因となった同社の企業哲学とそれに基づく経営術、組織論などを明らかにしている。ユーザーのニーズを第一に考え、シンプルさを追求、迅速な意思決定と大胆に“任せる”方針などの長所は、同社をグローバルIT企業にまで押し上げた。著者は韓国経済新聞社記者。

(要旨の情報〔社会情勢、著者経歴など〕は、作成日当時のものです。以降内容が変わっている場合があります。[要旨作成日:2013年7月31日])

→情報工場SERENDIP×e−hon 会員限定キャンペーンページはこちら!

商品内容

要旨

登録ユーザー1億を突破した日本発のSNSアプリ「LINE」。韓国本社NHNの経営哲学、企業風土を抜きに、LINEを語ることはできない。丹念な取材とともに解き明かされる成功の方程式。

目次

1 LINE誕生後のNHN(危機は音もなく訪れる
LINEの誕生で世界が変わった
LINEがもたらした新たな地平)
2 LINE誕生前のNHN(グーグルも舌を巻いた迅速な意思決定と組織づくり
生活の中での新たな価値を提供するブランド戦略
ユーザーとともに歩む、未来に向けた経営哲学)

出版社
商品紹介

「ネット界のサムスン」と称される韓国IT企業NHN。1億人突破のLINEを傘下にハンゲーム、NAVERを運営する巨大企業の成功方程式とは。

著者紹介

イム ウォンギ (イム ウォンギ)  
林圓基。韓国経済新聞社記者。テウォン外国語高校、ソウル大学宗教学科卒業、同大学外交学科大学院修士課程修了。国民銀行、未来戦略研究院を経て、2002年に韓国経済新聞社に入社。証券部、IT部、政治部、産業部等を歴任。NHNをはじめとするインターネット業界、ゲーム業界のさまざまな企業・人物を取材(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)