• 本

クイール流愛犬のしつけ方

出版社名 実業之日本社
出版年月 2004年3月
ISBNコード 978-4-408-40302-1
4-408-40302-4
税込価格 1,540円
頁数・縦 173P 21cm

商品内容

要旨

盲導犬クイールの訓練士多和田悟が教える愛犬のしつけ!多和田流しつけは、餌なし!体罰なし!「グッド」だけ!多和田流のドッグ・エデュケーションの理論と実際!多和田流の正しい「脚側行進」の訓練!多和田流7つのステップで訓練アドバイス。

目次

第1部 家庭犬と盲導犬の違い(盲導犬と家庭犬の違い
盲導犬に向いている犬とは? ほか)
第2部 自分の犬を正しく評価しよう(自分の犬を正しく評価することが大切
犬の知能と従順性について知ろう ほか)
第3部 犬の尊敬をかち得るためには(飼い主の資格とは
自分の犬、他人の犬を正しく評価できる人 ほか)
第4部 ドッグ・エデュケーションの理論(ドッグ・エデュケーション(DE)とは?
餌は犬を意地汚くする…私の褒美は「グッド」だけ ほか)
第5部 ドッグ・エデュケーションの実際(受入れ体制を確認しよう
トイレ、サークルなどの設置場所 ほか)

出版社
商品紹介

盲導犬クイールの訓練士である多和田悟が、愛犬家のために書いた多和田流「正しい犬のしつけ方」。盲導犬訓練を一般家庭犬に応用する。

著者紹介

多和田 悟 (タワダ サトル)  
1952年生まれ。滋賀県近江八幡市で育つ。青山学院大学文学部神学科を中退し、74年、日本盲導犬協会の小金井訓練センターに入る。日本盲導犬協会北陸盲導犬訓練所勤務を経て、82年、関西盲導犬協会設立時に訓練部長として参加。87年、盲導犬クイールを訓練する。95年、オーストラリアのクーンズランド盲導犬協会に招聘される。2001年11月、帰国。関西盲導犬協会のシニア・コーディネーター2004年2月退職。現在は日本盲導犬協会の神奈川訓練センター
渡辺 格 (ワタナベ タダシ)  
1937年東京生まれ。東京大学教養学部教養学科フランスの文化と社会分科卒業後、日本航空入社。94年、同社を退社。長期にわたる欧州滞在中、行動学に基づく、犬のしつけに興味を持ち、その紹介に努力(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)