• 本

こころと遺伝子 エナジーシグナルが遺伝子を変える 思いが人生を創出する

出版社名 実業之日本社
出版年月 2010年1月
ISBNコード 978-4-408-45227-2
4-408-45227-0
税込価格 1,760円
頁数・縦 233P 20cm

書店レビュー 総合おすすめ度: 全1件

  • あなたへの応援本です!

    遺伝子は書き換えられないけれど、自分自身の思いや置かれた環境によって、オンになったりオフになったりするのが遺伝子であるということはとても素晴らしい応援です。
    強い思いを持つこと、そして環境を変えてあげることがあなたの人生を有意義にします。これで迷いなしです。

    (2010年12月26日)

商品内容

目次

序章 いのちに敬意を払い、謙虚に生きる(人間への驚嘆と敬意
遺伝学の革命 ほか)
第1章 環境がスイッチを入れた、三浦雄一郎の冒険(未知への扉
環境が遺伝子をオンにした ほか)
第2章 平澤興の教え こころの深さと、やさしさと(命がけの努力の始まり
教育とは子供のやる気に火をつけること ほか)
第3章 細胞、遺伝子、進化論(二十世紀最大の発見
植物学者と動物学者との奇跡的な気づき ほか)
第4章 日本人のすごい力を信じよう(人は帰るところがあるから旅に出る
教育の原点は自分の国を大切に思うこころ ほか)

出版社
商品紹介

人間の可能性・生命の奇跡からひも解くメッセージが満載。遺伝子研究の世界的権威が、生きるためのヒントを明らかにする。

出版社・メーカーコメント

人間の可能性・生命の奇跡からひも解くメッセージが満載!遺伝子研究の世界的権威が、生きるためのヒントを明らかにする。

著者紹介

村上 和雄 (ムラカミ カズオ)  
1936年1月2日生まれ、奈良県出身。筑波大学名誉教授。63年、京都大学大学院農学研究科博士課程修了。米国オレゴン医科大学生化学教室研究員、米国バンダービルト大学医学部助教授を経て、78年に筑波大学応用生物化学系教授となり、遺伝子研究に取り組む。83年に高血圧の黒幕である酵素「レニン」の遺伝子解読に成功。一躍、世界中の注目を集める。90年にマックス・プランク研究賞、96年に日本学士院賞を受賞。2002年8月「心と遺伝子研究会」を立ち上げる(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)