• 本

黄金特急

出版社名 実業之日本社
出版年月 2011年8月
ISBNコード 978-4-408-53591-3
4-408-53591-5
税込価格 2,090円
頁数・縦 479P 20cm

商品内容

要旨

ITベンチャー草創期の1996年、大倉篤は親友の谷口とデジキッズを起業。当初のホームページ作成からクリック保証型広告と提携し業容を拡大。だが、提携企業先との方針をめぐって女性パートナー、水嶋かおりが離反した。2000年に上場を果たすも、デジキッズに伸びる買収工作。呑み込まれるか、呑み込むのか。混沌とするM&A攻防戦に、篤たちが打った逆転の切り札は?闘いの先、ベンチャー業界の覇権は―。

おすすめコメント

ITベンチャー草創期の1996年、大倉篤は親友の谷口泰樹とデジキッズを起業。当初のホームページ作成からクリック保証型広告と提携し業容を拡大、だが、提携企業先との方針をめぐって女性パートナー、水嶋かおりが離反した。2000年に上場を果たすも、デジキッズに伸びる買収工作。呑み込まれるか、呑み込むのか。混沌とするM&A攻防戦、株主総会で篤たちが打った逆転の切り札は? 闘いの先、ベンチャー業界の覇権は――。

著者紹介

久間 十義 (ヒサマ ジュウギ)  
1953年北海道生まれ。早稲田大卒。1987年、豊田商事事件に材を取った『マネーゲーム』で文藝賞佳作を受賞しデビュー。90年、『世紀末鯨鯢記』で三島由紀夫賞受賞。98年、政官業に切り込んだ警察小説『刑事たちの夏』が話題となる。『狂騒曲』でバブル期を活写、『ダブルフェイス』『放火』など警察小説に加え、『聖ジェームス病院』『生命徴候あり』では医療ミステリーへと幅を広げる(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)