• 本

えんま寄席 江戸落語外伝

出版社名 実業之日本社
出版年月 2016年2月
ISBNコード 978-4-408-53679-8
4-408-53679-2
税込価格 1,650円
頁数・縦 228P 19cm

商品内容

要旨

あの名作落語にはこんな続きがあったのか―?ここは落語の世界の住人が死後にやってくる「えんま寄席」。閻魔を納得させれば天上界。怒りを引き出せば地獄へ堕ちる。人情噺『芝浜』で夫のために尽くした女房は天上界へと思いきや…「芝浜」「火事息子」「明烏」など古典落語、その先の噺!ベストセラー『蔦重の教え』『春画入門』著者が描く本当は怖い大人の落語ミステリー!!

著者紹介

車 浮代 (クルマ ウキヨ)  
時代小説家/江戸料理・文化研究家。大阪芸術大学デザイン学科卒業。セイコーエプソン(株)のグラフィックデザイナーを経て、故・新藤兼人監督に師事し、シナリオを学ぶ。浮世絵展の監修、江戸文化に関する講演、TVのレギュラーなども務める。日本ペンクラブ会員、国際浮世絵学会会員(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)