• 本

草雲雀

実業之日本社文庫 は5−2

出版社名 実業之日本社
出版年月 2018年12月
ISBNコード 978-4-408-55453-2
4-408-55453-7
税込価格 763円
頁数・縦 381P 16cm

商品内容

要旨

媛野藩の藩士、栗屋清吾は女中のみつと深い仲になるが、妻として娶ることは認められていない。そんな時、道場仲間の山倉伊八郎から自分の用心棒になるよう頼まれる。伊八郎が藩の筆頭家老になるには清吾の剣の技が必要だという。子どもを持ちたいというみつの願いに応えるため引き受けたが、伊八郎と対立する派閥からの刺客が次々と襲い掛かり…。

おすすめコメント

ひとはひとりでは生きてゆけませぬ――愛する者の望みを叶えるため剣を抜いた男の運命は!? 没後一年、葉室麟の傑作時代長編!

著者紹介

葉室 麟 (ハムロ リン)  
1951年北九州市小倉生まれ。西南学院大学卒業後、地方紙記者などを経て、2005年『乾山晩愁』で歴史文学賞を受賞し、作家デビュー。07年『銀漢の賦』で松本清張賞を受賞。12年『蜩ノ記』で第146回直木賞を受賞。16年『鬼神の如く 黒田叛臣伝』で第20回司馬遼太郎賞を受賞。17年逝去(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)