• 本

怪奇小説傑作集 1

新版

英米編 1

創元推理文庫 Fン1−1

出版社名 東京創元社
出版年月 2006年1月
ISBNコード 978-4-488-50106-8
4-488-50106-0
税込価格 1,015円
頁数・縦 474P 15cm
シリーズ名 怪奇小説傑作集

e-honサイト上の「税込価格」の表示変更について

日時 表示価格
2019年9月27日(金)午前9:59まで 旧税率8%の税込価格
2019年9月27日(金)午前10:00〜 新税率10%の税込価格

サイト上の表示に関わらず、お受取・支払いが10月1日以降となる場合は、新税率10%が適用されます。 詳しくは、e-honの消費税率改定に伴う詳しいご案内をご覧ください。

書店レビュー 総合おすすめ度: 全1件

  • 怪奇小説だからって敬遠しないで下さい!

    「怪奇小説が好きな人に会ったことがない」と自慢げに語る外語大生のN君は、YBC武蔵境店のイケメンアルバイトです。パソコンはマック、B級映画好き、メタル好きと他人と一緒じゃ気がすまないN君にとって、怪奇小説もファッションの一部なのでしょうか。昨今の若者らしく、長編は途中で飽きるというN君に、この9編からなるアンソロジーは大のお気に入りのようです。「パンの大神」「猿の手」など、20年前に私も夢中で読んだこの小説を嬉々と語る。そんなN君をとてもカワイイと思い、今は品切れの平井呈一『真夜中の檻』をプレゼントしたのです。(全5巻)(ミシマ社『THE BOOKS』より転載)

    (2013年3月13日)

商品内容

要旨

英米編1には、3つの願いが叶えられるという猿の手のミイラが老夫婦にもたらす悲劇を描いたW・W・ジェイコブズの「猿の手」をはじめ、全9編を収録した。

著者紹介

平井 呈一 (ヒライ テイイチ)  
1902年東京に生まれる。1923年早稲田大学英文学科中退。1967年「小泉八雲作品集」12巻完成により日本翻訳文化賞受賞。1976年歿(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)