• 本

グレイベアド 子供のいない惑星

文庫 SFオ  1− 1

出版社名 東京創元社
出版年月 1976年5月
ISBNコード 978-4-488-64003-3
4-488-64003-6
税込価格 1,100円

商品内容

要旨

人類の終末は思わぬ形で訪れた。50年前の“変事”以来、赤ん坊が生れなくなったのだ。地球にはもう子供も青年もいない。世界の平均年齢は70歳に達し、滅びゆく人類の苦闘を記録するための機関DOUCHが設立される。その一員である“灰色ひげ”は、妻と友人とともに川を下る旅を続けるが…。50年前、地球に何が起こったのか。『地球の長い午後』の著者が描破する、恐るべき未来像。

著者紹介

オールディス,ブライアン・W. (オールディス,ブライアンW.)   Aldiss,Brian W.
イギリスを代表するSF作家、評論家、アンソロジスト、SFアート研究家。1925年、イングランド生まれ。幼少時よりアメリカのSF雑誌を愛読して育ち、54年に英国のSF専門誌サイエンス・ファンタジイでSF作家デビュー。『地球の長い午後』(ハヤカワ文庫SF)でヒューゴー賞を、短編“The Saliva Tree”でネビュラ賞を受賞。また評論書の邦訳に、SF史研究の決定版と謳われ英国SF協会賞を受賞した『十億年の宴』と、その続編でヒューゴー賞を受賞した『一兆年の宴』(ともに東京創元社)がある
深町 眞理子 (フカマチ マリコ)  
1931年生まれ。1951年、都立忍岡高校卒業。英米文学翻訳家(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)