• 本

ミクロ経済学 2

効率化と格差是正

プログレッシブ経済学シリーズ

出版社名 東洋経済新報社
出版年月 2009年8月
ISBNコード 978-4-492-81300-3
4-492-81300-4
税込価格 4,180円
頁数・縦 603P 22cm
シリーズ名 ミクロ経済学

商品内容

要旨

本書は、経済学を初めて学ぶ人が、さまざまな経済政策問題への対応策を自分自身で考えられるようになることを目的としている。本巻(2)では、労働・土地・資本市場をくわしく分析し、それを土台に、格差是正政策と効率化政策との関連を明確にする。さらに、その視点から現在日本の経済政策を評価する。

目次

フローとストック
労働
生産要素の総量市場と帰属所得
供給者による自家消費
混雑
長期と最長期
生産と消費の基礎理論
厚生経済学の基本定理
社会的厚生
効率化政策
格差是正政策
効率化政策と格差是正政策の両立

出版社
商品紹介

政策論の視点を身に付けるためのテキスト。不況期の政府と市場の役割分担について見直し、効率化政策が格差是正につながることを示す。

著者紹介

八田 達夫 (ハツタ タツオ)  
1943年東京都に生まれる。1966年国際基督教大学(ICU)教養学部卒業。1973年ジョンズ・ホプキンス大学経済学博士(Ph.D.)。オハイオ州立大学助教授、埼玉大学助教授、ジョンズ・ホプキンス大学助教授・准教授・教授、大阪大学教授、東京大学教授、国際基督教大学教授、を経て2007年より政策研究大学院大学(GRIPS)学長(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)