• 本

日本的スピンオフ・ベンチャー創出論 新しい産業集積と実践コミュニティを事例とする実証研究

出版社名 同友館
出版年月 2012年2月
ISBNコード 978-4-496-04862-3
4-496-04862-0
税込価格 4,620円
頁数・縦 443P 22cm

商品内容

目次

新しい産業集積の形成とスピンオフ・ベンチャーの創出に関する日本発の理論的・実証的な研究をめざして
第1部 先行研究レビュー(新しい産業集積とスピンオフ・ベンチャーに関する先行研究レビュー
スピンオフ企業家の学習コミュニティに関する先行研究レビュー)
第2部 事例研究(事例研究にあたって
浜松地域のソフトウェア集積とスピンオフ連鎖の実態
札幌地域のソフトウェア集積とスピンオフ連鎖の実態
浜松地域の光電子集積とスピンオフ連鎖の実態)
第3部 分析結果(3つの事例の比較分析
発見事実の整理とインプリケーション)

出版社
商品紹介

スピンオフ・ベンチャーが日本の特定地域で創出される条件、新しい産業集積におけるスピンオフ連鎖の形成メカニズムを明らかにする。

著者紹介

長山 宗広 (ナガヤマ ムネヒロ)  
埼玉県川口市生まれ。横浜国立大学大学院環境情報学府博士後期課程単位取得。信金中央金庫総合研究所主任研究員を経て、駒澤大学経済学部准教授、日本中小企業学会理事(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)