• 本

経営理念の機能 組織ルーティンが成長を持続させる

出版社名 中央経済社
出版年月 2012年3月
ISBNコード 978-4-502-69470-7
4-502-69470-3
税込価格 3,240円
頁数・縦 213P 22cm

商品内容

要旨

一般的に、反復的行動パターンと理解されている“ルーティン”が、企業の連続性と安定性を保証する遺伝子のようなものと理解されるようになってきた。本書は、日常のルーティン活動を戦略的意思決定レベルで考察することにより、持続的成長と発展の源泉要因として、経営理念が機能するメカニズムを解明する。

目次

企業の持続性と組織変革
第1部 持続的成長と発展の視点(企業の成長・発展・衰退
組織ルーティン)
第2部 持続的成長と発展の要因(経営理念の研究領域―経営管理制度と組織ルーティン
持続的成長と発展と戦略的組織ルーティンの遂行プロセス)
第3部 戦略的組織ルーティンと経営理念の機能化(事例研究―キヤノン株式会社の持続的成長と発展プロセス
戦略的組織ルーティンの安定と変化
経営管理機能としての経営理念)

著者紹介

槙谷 正人 (マキタニ マサト)  
摂南大学経営学部准教授。1957年生まれ。1981年関西学院大学商学部卒業。1981年シャープ株式会社(宣伝企画等を担当)。1987年産業能率大学総合研究所(マーケティングセンター長等を歴任)。2008年徳山大学経済学部准教授。2011年明治学院大学大学院経済学研究科博士後期課程修了。2011年摂南大学経営学部准教授。博士(経営学)明治学院大学(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)