• 本

加賀屋笑顔で気働き 女将が育んだ「おもてなし」の真髄

出版社名 日本経済新聞出版社
出版年月 2015年9月
ISBNコード 978-4-532-32031-7
4-532-32031-3
税込価格 1,650円
頁数・縦 254P 19cm

商品内容

要旨

「いいえ」は言わない―北陸新幹線開業、デスティネーションキャンペーンで年間30万人が訪れる加賀屋グループ。世界に誇るサービスはいかにして生まれたか。女将の半生とともに振り返る。

目次

第1章 「いいえ」は言わない〜加賀屋流サービスの原点
第2章 加賀屋と私を鍛えた3つのこと
第3章 女性がかがやく2つの仕掛け
第4章 おもてなしのエンジン 客室係の育て方
第5章 私の半生
第6章 これからの加賀屋〜次代に望むこと

おすすめコメント

「笑顔で気働き」「言われたことは断らない」「ネオ家族主義」――「日本のホテル・旅館」35年間連続トップ。加賀屋を年間20万人が訪れる大旅館へと発展させた、小田真弓女将の「おもてなし」経営とは――

著者紹介

小田 真弓 (オダ マユミ)  
株式会社加賀屋女将。1938年東京生まれ。61年立教大学文学部卒業後、加賀屋の小田禎彦前会長(現相談役)と結婚し、62年に加賀屋に入社。63年同社取締役、79年に常務取締役就任。女将として現在に至る。「プロが選ぶ日本のホテル・旅館100選」で35年連続一位を獲得した(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)