• 本

ヒュパティア 後期ローマ帝国の女性知識人

出版社名 白水社
出版年月 2021年11月
ISBNコード 978-4-560-09794-6
4-560-09794-1
税込価格 3,960円
頁数・縦 218,58P 20cm

商品内容

要旨

四世紀後半〜五世紀初頭のアレクサンドリアで、優れた数学者・哲学者として弟子から政界と宗教界に要人を輩出しつつも、激動の時代の政治的対立に巻き込まれ非業の死を遂げた女性の、伝説と実像。

目次

大斎の殺人
アレクサンドリア
幼年時代と教育
ヒュパティアの学校
中年期
哲学の母とその子どもたち
公共的知識人
ヒュパティアの姉妹たち
路上の殺人
ヒュパティアの記憶
近代の象徴
伝説を再考する

出版社・メーカーコメント

優れた数学者・哲学者として弟子から政界と宗教界に要人を輩出しつつも、政治的対立に巻き込まれ非業の死を遂げた女性の、伝説と実像。

著者紹介

ワッツ,エドワード・J. (ワッツ,エドワードJ.)   Watts,Edward J.
古代末期地中海世界における宗教史・社会史・インテレクチュアル・ヒストリーを専門領域とし、イェール大学で博士号(Ph.D)を取得。カリフォルニア大学サンディエゴ校教授。人文学部歴史学科長、アルキヴィアディス・ヴァシリアディス・ビザンツ史寄付講座長
中西 恭子 (ナカニシ キョウコ)  
東京大学大学院人文社会系研究科研究員。日本学術振興会特別研究員(PD)を経て津田塾大学ほか非常勤講師。東京大学文学部西洋史学科卒業、東京大学大学院人文社会系研究科欧米系文化研究専攻西洋史学専門分野修士課程修了、東京大学大学院人文社会系研究科基礎文化研究専攻宗教学宗教史学専門分野博士課程修了。博士(文学)。古代末期地中海宗教史。西洋古典受容史(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)