• 本

人生を後悔することになる人・ならない人 パラダイムシフトの心理学

出版社名 PHPエディターズ・グループ
出版年月 2018年2月
ISBNコード 978-4-569-83753-6
4-569-83753-0
税込価格 1,404円
頁数・縦 283P 19cm

商品内容

要旨

あなたは「目の前の現実」から逃げずに、きちんとそれと向き合えますか?この本では、偉大な心理学者たちの言葉を理解しながら、不安、悩み、苦しみからあなたを解放する、心のレッスンを展開します。

目次

第1章 苦しみから逃げるほど、幸せから遠ざかる(「苦しみに向き合って生きる」ことがなぜ大切なのか
人間の中にある「善の力」と「悪の力」 ほか)
第2章 「間違った人生観」を捨てれば、人生が変わる(「幸せにはなりたいが、苦しみは嫌だ」というおかしな考え方
心の葛藤に直面せよ ほか)
第3章 「安全第一」の考え方が、つまらない人生を作る(素直になれない原因は「欲求不満の積み重ね」
努力して心を成長させることが幸せへの道 ほか)
第4章 他人に評価されるように生きるなんてバカげている(人生には「欠乏動機」という落とし穴がある
ダメな夫と別れられない妻の心を支配しているもの ほか)
第5章 だから、目の前の現実にきちんと向き合うことから始めよう(「心の病んだ人」の周りには「心の病んだ人」が集まる
「人生なんてどうってことない」という人はウソつきである ほか)

おすすめコメント

「自分はどう生きたいのか」がわかれば不安は消せる。心理学の先哲の言葉をもとに、現代人の悩みの解決法を見出す書き下ろし。

著者紹介

加藤 諦三 (カトウ タイゾウ)  
1938年、東京生まれ。東京大学教養学部教養学科を経て、同大学院社会学研究科を修了。現在、早稲田大学名誉教授、ハーヴァード大学ライシャワー研究所客員研究員(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)