• 本

週末はパエリャ名人

出版社名 文化出版局
出版年月 2003年4月
ISBNコード 978-4-579-20852-4
4-579-20852-8
税込価格 1,650円
頁数・縦 79P 26cm

商品内容

要旨

パエリャは、米と具材をおいしいスープで煮込んだ炊きこみご飯です。具材は魚介や肉、野菜などさまざま。組み合わせは自由なので、そのバリエーションは数えきれないほどあります。パエリャはそれだけでごちそうで、あとはサラダとワインがあれば立派なおもてなしになります。本書ではそのヒントになるよう、小さいメニューを添えました。レシピはスペイン人の友達から教わったもの、レストランで食べた忘れられない味を再現したものなど。本場の味を損なわず、日本の家庭で簡単に作れるおいしいパエリャばかりです。おいしいパエリャのあるすてきな休日をお過ごしください。

目次

パエリャを作る前に(トマトソースを作る
サフランの下ごしらえ)
シンプルパエリャ(えびのパエリャ
鶏肉のパエリャ ほか)
ふだん着のパエリャ(いかすみのパエリャ
じゃがいもと玉ねぎとトマトのパエリャ ほか)
おもてなしのパエリャ(バレンシア風パエリャ
デラックスパエリャ ほか)
季節を楽しむパエリャ(春野菜のパエリャ
夏野菜のパエリャ ほか)

著者紹介

丸山 久美 (マルヤマ クミ)  
1959年、東京生れ。マイアミ大学留学後、ヨーロッパを中心にツアーコンダクターとして働く。スペインのマドリードに14年在住。スペイン料理のおいしさに魅せられて、食べ歩きはもとより、アランビケ料理教室、テルバ料理教室などで学ぶ。2000年に帰国後、フードエディターとして活動(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)