• 本

中国の環境問題と法・政策 東アジアの持続可能な発展に向けて

竜谷大学社会科学研究所叢書 第79巻

出版社名 法律文化社
出版年月 2008年3月
ISBNコード 978-4-589-03080-1
4-589-03080-2
税込価格 6,264円
頁数・縦 438P 22cm

商品内容

目次

序論 環境問題と法・制度(環境に関する法・政策の沿革と現行法
環境法の最近の進展と直面する課題)
第1部 環境汚染と紛争(水質汚染の現状と規制対策
自動車排出ガス汚染と規制対策
環境公害訴訟の事例研究―福建省寧徳市屏南県のケース
環境公益訴訟の現状と課題)
第2部 生態環境保全(西部大開発の現状と課題―均衡ある、持続可能な発展に向けて
中国の砂漠化面積の拡大と近年のわが国への黄砂の飛来状況
自然保護区の現状と直面する課題
生態移民政策と課題
動物保護政策の歴史と法・政策の課題)
第3部 公衆参加(環境保護公衆参加立法の現状と展望
中国の環境政策における公衆参加の促進―上からの「宣伝と動員」と新たな動向
環境影響評価制度と公衆参加
中国の環境NGO)
第4部 地球環境問題と環境協力(2013年以降の地球温暖化防止の国際的枠組交渉の現状と途上国の「参加」問題
「京都議定書」のクリーン開発メカニズムの中国における実施
エネルギー問題と国際協力
日本の対中環境協力)

出版社
商品紹介

環境汚染や環境破壊の進行が懸念される中国。中国の環境問題の各分野に精通した日中の研究者による3年間にわたる共同研究の集大成。

著者紹介

北川 秀樹 (キタガワ ヒデキ)  
1953年11月生まれ。京都大学法学部卒業、博士(国際公共政策・大阪大学)。京都府庁文化芸術室、地球環境対策推進室などを経て、龍谷大学法学部教授。専門は、環境政策、中国行政法(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)