• 本

日本国際経済法学会年報 第17号

国境と知的財産権保護をめぐる諸問題

日本国際経済法学会年報  17

出版社名 日本国際経済法学会
出版年月 2008年11月
ISBNコード 978-4-589-03122-8
4-589-03122-1
税込価格 3,672円
頁数・縦 243P 21cm
シリーズ名 日本国際経済法学会年報

商品内容

目次

論説(国境と知的財産権保護をめぐる諸問題
国際投資紛争の解決と仲裁
自由論題)
文献紹介(Sharif Bhuiyan,National Law in WTO Law:Effectiveness and Good Governance in the World Trading System
Camilla Baasch Andersen,Uniform Application of the International Sales Law:Understanding Uniformity,the Global Jurisconsultorium and Examination and Notification Provisions of the CISG
Takashi Kubota(ed.),Cyberlaw for Global E‐Business:Finance,Payment and Dispute Resolution
Carole Murray,David Holloway and Daren Timson‐Hunt,Schmitthoff’s Export Trade,11th ed.
Asif H.Qureshi,Interpreting WTO Agreements:Problems and Perspectives
藤岡典夫(著)『食品安全性をめぐるWTO通商紛争―ホルモン牛肉事件からGMO事件まで』および山下一仁(編著)『食の安全と貿易―WTO・SPS協定の法と経済分析』
山根裕子(著)『知的財産権のグローバル化―医薬品アクセスとTRIPS協定』)

出版社
商品紹介

第17回大会報告。共通論題1・国境と知的財産をめぐる諸問題/2・国際投資紛争の解決と仲裁。

出版社・メーカーコメント

日本国際経済法学会の研究年報。国境と知的財産権保護をめぐる諸問題/国際投資紛争の解決と仲裁/自由論題:GATT第18条Cの援用可能性に関する考察/文献紹介/会報。