• 本

低炭素社会への選択 原子力から再生可能エネルギーへ

出版社名 法律文化社
出版年月 2010年1月
ISBNコード 978-4-589-03141-9
4-589-03141-8
税込価格 2,860円
頁数・縦 244P 21cm

商品内容

要旨

低エネルギー社会の構築と脱化石をめざす。加速する地球温暖化にどうやって歯止めをかけるのか。様々な視点と取り組みから、エネルギー政策をめぐる争点を明らかにし、エネルギーの未来を考える。

目次

温暖化の最新情報―IPCC第4次評価報告書から
原子力発電は地球温暖化問題の切り札か
巨費を費やす原子力立国
RPS法決定の舞台裏―なぜ自然エネルギー促進法は挫折したのか
バイオ燃料をめぐる暗闘
日本に根ざした風力発電技術
エコライフ実現の課題を探る大阪ガスNEXT21
商店街が取り組むエコ活動―KICSの地域情報化推進事業を通して
市民が主役の再生可能エネルギー普及
成長から質的発展へ―サステイナブル社会ノート
脱化石に向けたエネルギー転換

出版社
商品紹介

低エネルギー社会を築き、脱化石をめざすには原発依存か、自然エネルギーの促進か。エネルギー政策をめぐる争点とその未来を考える。

著者紹介

遠州 尋美 (エンシュウ ヒロミ)  
大阪経済大学経済学部教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)