• 本

開発経済学 平和のための経済学

出版社名 法律文化社
出版年月 2010年2月
ISBNコード 978-4-589-03231-7
4-589-03231-7
税込価格 2,530円
頁数・縦 200P 21cm

商品内容

目次

第1部 開発経済学の生成(開発経済学の今日的課題―南北格差の拡大
萌芽期の開発経済学―「東西対立」と「南北対立」の狭間から生まれた開発経済学)
第2部 開発経済学の展開(物的成長から人間の成長への開発経済学―Basic Human Needsアプローチ
もう1つの潮流としての開発経済学―従属理論の発展と開発途上国
復活した新古典派経済学―『OECDレポート』の衝撃)
第3部 開発経済学の発展(量から質への転換を図る開発経済学―人間開発・社会開発
市場の論理に挑戦する制度派経済学―社会的共通資本としての制度派経済学)
第4部 開発経済学の再構築(循環の経済学
地域自立の経済学
持続可能の経済学)

出版社
商品紹介

開発経済学の展開発展および功罪を、戦後各期の動向を踏まえて概説。地球規模の諸問題克復に貢献する平和経済学への再生を提言。

著者紹介

郭 洋春 (カク ヤンチュン)  
1991年立教大学経済学部専任講師。1994年同助教授。2001年同教授、現在にいたる。専門は開発経済学、アジア経済論(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)