• 本

現代労働問題分析 労働社会の未来を拓くために

出版社名 法律文化社
出版年月 2010年4月
ISBNコード 978-4-589-03242-3
4-589-03242-2
税込価格 3,300円
頁数・縦 300P 21cm

商品内容

目次

第1部 賃金・労働時間問題(賃金・労働時間問題の争点―いかに働き、稼ぎ、暮らすか
年功賃金を考える
労働組合と賃金―春闘とは何か ほか)
第2部 雇用問題(雇用問題の争点―雇用流動化政策批判
日本的雇用の変化と仕事・働き方
企業社会の変容と女性の働きにくさ ほか)
第3部 労働組合・労使関係問題(労働組合・労使関係問題の争点―労働組合の活路を拓くために
日本における新しい労働運動―非正規・個人加盟労働運動を中心に
労働の人間化と労使関係 ほか)
特別寄稿 「日本的低賃金」論の系譜

出版社
商品紹介

「賃金・労働時間」「雇用」「労働組合・労使関係」の3部14章3論文構成で、労働問題に関する常識の非常識を正す。

著者紹介

石井 まこと (イシイ マコト)  
大分大学経済学部教授
兵頭 淳史 (ヒョウドウ アツシ)  
専修大学経済学部准教授
鬼丸 朋子 (オニマル トモコ)  
桜美林大学経済・経営学系准教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)