• 本

労働契約法の意義と課題

日本労働法学会誌 115号

出版社名 日本労働法学会
出版年月 2010年5月
ISBNコード 978-4-589-03263-8
4-589-03263-5
税込価格 3,410円
頁数・縦 220P 21cm

商品内容

目次

報告(労働契約法の意義と課題―合意原則と労働契約規制のあり方を中心に
労働契約法における合意原則と就業規則法理の整序・試論―就業規則による労働条件決定・変更の新たな理論構成 ほか)
総括コメント 労働契約法の課題―合意原則と債権法改正
シンポジウムの記録 労働契約法の意義と課題
個別報告(ニュージーランドにおける解雇法理の展開―フェアネスの原理による規律の含意
精神障害に基づく雇用差別と規制法理―アメリカの障害者差別禁止法(ADA)の考察 ほか)
回顧と展望(育児・介護休業法の改正―父親が取得しやすい育児休業制度へ
入管法の改正―新たな技能実習制度の意義と課題)

出版社
商品紹介

第118回大会シンポ報告、個別報告、回顧と展望、日本学術会議報告ほか。