• 本

人口・家族・生命と社会政策 日本の経験

出版社名 法律文化社
出版年月 2010年7月
ISBNコード 978-4-589-03264-5
4-589-03264-3
税込価格 6,160円
頁数・縦 288P 22cm

商品内容

目次

第1部 人口論と社会政策(少子化問題と社会政策―ミュルダールと高田保馬
人口問題と社会政策論―米田庄太郎と海野幸徳
“社会学”系社会政策論の展開―戸田貞三の所説を中心に)
第2部 人口問題と児童政策(人口問題と児童政策―1920年代の状況を中心に
児童権論の展開と社会政策―1933年児童虐待防止法を見据えて
戦前における感化事業の到達点―少年教護法をめぐって)
第3部 人口問題と社会政策(社会事業学から厚生学の提唱へ―続・海野幸徳論
人口政策論の水脈を求めて―永井亨の人と思想
永井亨と新生活運動
出生政策と家族政策)

出版社
商品紹介

戦前日本の少子化論を掘り起こし、児童政策や優性政策等社会政策論の系譜を整理、再構築を試みる。新たな角度から問題提起する1冊。

著者紹介

杉田 菜穂 (スギタ ナホ)  
1980年生まれ。2009年、大阪市立大学大学院経済学研究科後期博士課程修了(経済学博士)。現在、同志社大学政策学部講師(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)