• 本

日本国際経済法学会年報 第20号

世界金融危機後の国際経済法の課題

出版社名 日本国際経済法学会
出版年月 2011年10月
ISBNコード 978-4-589-03369-7
4-589-03369-0
税込価格 4,320円
頁数・縦 308P 21cm
シリーズ名 日本国際経済法学会年報

商品内容

目次

世界金融危機後の国際経済法の課題(座長コメント:世界金融危機後の国際経済法の課題
グローバルに活動する金融機関の法的規律―世界金融危機とシステム上重要な金融機関 ほか)
APEC2010とポスト・ボゴールにおけるアジア国際経済秩序の構築(座長コメント:APECと国際経済法
国際関係の構造変動とAPECの展開 ほか)
自由論題(新旧グローバル化と国際法のパラダイム転換
中国独占禁止法における国有企業の取扱い ほか)
研究ノート(通商法にみる租税措置の意義)
文献紹介(Daniel Bethlehem,Donald McRae,Rodney Neufeld and Isabelle Van Damme(eds.),The Oxford Handbook of International Trade Law
Meredith Kolsky Lewis and Susy Frankel(eds.),International Economic Law and National Autonomy ほか)

出版社
商品紹介

共通論題「世界金融危機後の国際経済法の課題」「APEC2010とポスト・ボゴールにおけるアジア国際経済秩序の構想」ほか。