• 本

琉球独立への道 植民地主義に抗う琉球ナショナリズム

出版社名 法律文化社
出版年月 2012年2月
ISBNコード 978-4-589-03394-9
4-589-03394-1
税込価格 3,080円
頁数・縦 263P 21cm

商品内容

要旨

小国における脱植民地化過程の比較・実証研究をふまえ、琉球(沖縄)の政治経済的な独立の可能性を探究する。琉球の独立を文化・思想面からだけでなく包括的かつ具体的に再検討し、実現可能なロードマップと将来像を提案する。

目次

第1章 琉球コロニアリズムの歴史
第2章 太平洋島嶼国・地域の脱植民地化と琉球
第3章 南アジア地域とスコットランドの独立と琉球
第4章 国連と琉球
第5章 琉球ナショナリズムの形成
第6章 「琉球自治論」の批判的検討
第7章 琉球自治共和国連邦の将来像

出版社
商品紹介

琉球(沖縄)の政治経済的な独立の可能性を探究。包括的かつ実証的に再検討し、実現可能なロードマップと将来像を提案する。

著者紹介

松島 泰勝 (マツシマ ヤスカツ)  
1963年琉球・石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。那覇高校、早稲田大学政治経済学部卒業後、早稲田大学大学院経済学研究科博士課程単位取得。博士(経済学)。在ハガッニャ(グァム)日本国総領事館、在パラオ日本国大使館において専門調査員として勤務。東海大学海洋学部准教授を経て、龍谷大学経済学部教授、NPO法人ゆいまーる琉球の自治代表(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)